フリーターからの脱出・就職のために

MENU

就職して脱フリーター記事一覧

近年は不景気だと言われ続け、就職氷河期などとも言われていますよね。大学を卒業したものの、企業に正社員として就職できずに、フリーター生活をしている方も少なくはないと思います。そもそもフリーターとは、正社員という雇用形態ではなく、アルバイトやパートで生計を立てている人のことを言います。フリーターのままでは、将来が不安に感じることもあるでしょう。では、今までフリーターとして生活して来た人が就職するために...

この不景気の時代に就職で一番有利なのは「新卒者」で、どの企業も新卒者の若い力を求めています。そんな時代でも「新卒」という武器を生かせずに、大学を卒業したけれど自分のやりたい仕事が見つからなかったり、内定をもらうことが出来なかった方もたくさんいらっしゃるでしょう。年齢が若ければ若いほど、就職には有利になるのが一般的です。25歳以上でフリーターとなってしまうと、いざ就職したい!と思っても、実務経験がな...

就職活動をする時、卒業してフリーターになってしまうと成功しづらいと言われていますが、事実はどうなっているのでしょう。結論から先に言うのなら、フリーターであっても決して就職できないわけではありません。新卒者よりも就職が困難であることは確かです。説得力のある志望動機や自己PRをするには、まずは考えをはっきりまとめることです。企業は、新卒者の採用を求めることが多いようです。理由は様々ですが、新卒者以外を...

収入も不安定で、将来のことも不安だらけなフリーター生活から抜け出したいと思っている方は、たくさんいらっしゃると思います。でも、まず、フリーター生活から脱出するためには、就職活動を行わなければならないですよね。色々な就職支援サイトや求人サイトを見て、自分からどんどん書類選考に応募したりしていくのも一つの方法です。中途採用者がよく利用しているのが、ハローワークです。コンピューターで求人情報が管理されて...

フリーターの状態で就職先を決定するためにすべきことは何でしょう。アルバイトの経験が就職に生きる業種や、経験者以外でも採用の見込みがあるような求人情報を探しましょう。せっかく求人にある職種でキャリアを積んだり、苦労して資格をとったりしても、求人に経験者しかない職種ならキャリアを積む意味がありません。職歴にフリーターと書くことはできませんが、一部のアルバイト経験を就職活動に役立てる職歴として扱えること...

経済情勢の悪化に伴い、フリーターとして働く人が増えているといいますが、彼らの就職観とはどういったものでしょう。フリーターについては、就職観の違いなどもあり、いろいろ意義付けがされているようです。フレーターといえば、社会の制約から脱して自由な生き方をしている人と思われることが多いようです。ですが、フリーターの就職観を当人達に聞いてみると、意外な事実が浮き彫りになります。自分のやりたいことを追い求め、...

就職のための情報を得られる場所として近年主流になってきているのは、求人情報サイトといえるでしょう。求人サイトは検索サイトから調べることで、すぐに見つけることができます。求人情報サイトの一番の魅力は、自宅に居ながらにして膨大な求人情報を得られるということにあるでしょう。ですが、フリーターの就職観を当人達に聞いてみると、意外な事実が浮き彫りになります。使い勝手や検索性の良さだけでなく、求人情報サイトに...