フリーターの就職が不利な理由

MENU

フリーターの就職が不利な理由

就職活動をする時、卒業してフリーターになってしまうと成功しづらいと言われていますが、事実はどうなっているのでしょう。
結論から先に言うのなら、フリーターであっても決して就職できないわけではありません。
新卒者よりも就職が困難であることは確かです。
説得力のある志望動機や自己PRをするには、まずは考えをはっきりまとめることです。
企業は、新卒者の採用を求めることが多いようです。
理由は様々ですが、新卒者以外を採用する場合は職歴や経験、実績などを重視しがちです。
新卒者を採用するのは、そうするだけの理由があります。
日本企業が期間を区切って新卒者の採用試験を行うのは、そうしたい理由があるためです。
新卒者を一括採用することで、一人一人採用する場合とくらべて、低コストで採用が可能になります。
決まった時期に大量に採用すれば、1人の講師で大量の社員を教育出来るのでコストを削減することもできます。
フリーターは、キャリアという面でも有利な部分はありません。
もちろん、フリーターをしていた人でも、何もせずだらだらとしていたわけではないと主張する人もいるはずです。
アルバイト経験が長く、フリーターとはいえ仕事の経験はあると言いたい方は少なくはないでしょう。
とはいえ、就職活動に際してフリーターのアルバイト経験が職歴と見なされることはありません。

関連ページ

一度も正社員になったことないフリーターが就職するには?
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。
フリーターが就職する時に有利な資格って?
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。
とりあえずハローワークでもいってみる?
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。
フリーターから就職するには
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。
フリーターの就職観
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。
就職先を見つけるための求人探し
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。