フリーターと正社員の生涯年収の違いって?

MENU

フリーターと正社員の生涯年収の違いって?

収入も安定していないし、将来的にも何も保障がなく、不安定なイメージがあるフリーターですが、フリーターの方が時間的に拘束されることなく、自由に働いてお金を稼ぐことが出来るとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
逆に、正社員になれば、ボーナスも支給されますし、月々のお給料も安定していますよね。
こうしてお話しているだけで格差を感じてしまうと思いますが、実際のところ、どれくらい生涯年収で差が出てくるのでしょう。
定年まで働き続けたとして、男性の場合、最終学歴によって若干差が出てきますが、大卒者で3億円、短大卒で2.8億円。
女性の場合は、大卒者で2.7億円、短大卒で2.3億円という結果が出ていました。
では、フリーターの場合はどうなるのでしょうか。
もちろん、フリーターの場合でも、職種や仕事内容、勤続年数によっても違います。
でも、大卒や高卒などの学歴に関係なく、平均月収が15万円程度だとすると、生涯年収は約6840万円になります。
ご覧になってすぐわかる通り、正社員とフリーターの違いで生涯年収にも約2億円弱の差が出てしまうのです。
当然、フリーターには退職金などもありません。
正社員の場合は、強制的にお給料から厚生年金を引かれてはいるものの、月額で19万円程度は受け取ることが出来るでしょう。
一方、フリーターの場合には、国民年金のみになるので月額5〜6万円程度しか受け取ることが出来ません。
このように、将来的に見てもフリーターと正社員の差ははっきりと出てきてしまいます。

関連ページ

なぜフリーターより正社員がいいの?
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。
正社員になると税金はどうなる?
フリーターからの脱出・就職をするためにはどうしたら良いのでしょう。一度フリーターになり、長い間フリーターとして働いていると正社員になるのは難しいと言われていますが、可能性はあるのです。